日々の生活で注意したい 高血圧の症状改善法

日々の生活で注意したい 高血圧の症状改善法

高血圧の自覚症状と危険性

血圧を測定した時に、高い数値が現れるとそこで初めて、高血圧の可能性に気付く方がほとんどです。
高血圧には自覚症状がないと言われています。
これは症状がないというわけではありません。高血圧の症状としては、肩こりや頭痛、めまい、耳鳴り、動悸等があります。

しかし、これらの症状は血圧が正常の方にも現れるので、高血圧だという明確なサインがなく、多くの人は見逃してしまい、自覚症状という認識がないのです。
このような症状はあるけど症状が軽いといって見逃してはいけません。また、血圧は日常の中のちょっとしたことで上下します。
起床時、就寝時、洗顔する時、イライラした時、緊張した時など簡単に血圧は上昇してしまうのです。
その為、たまたま血圧が上がっていた時に計測すると、高血圧という結果が出てしまう場合もあります。
血圧を正確に計測する為には、リラックスしている時がいいでしょう。

高血圧は放っておくと、脳卒中や心筋梗塞など突然死を招く危険性があります。
それを防ぐ為には、定期的に血圧を測ることが大切です。
脳卒中は片方の手足が痺れたり、物が二重に見えるなどの症状があるので、それに気付くことができれば、同時に高血圧の発見にも繋がります。
ただ、脳卒中を発症している場合は重症なケースが多く、できればそれよりも前に高血圧に気付きたいです。
このように高血圧は自覚症状に気付くことが難しい為、別名「サイレント・キラー」とも呼ばれています。

【参考】

Copyright 2017 日々の生活で注意したい 高血圧の症状改善法 All Rights Reserved.