日々の生活で注意したい 高血圧の症状改善法

日々の生活で注意したい 高血圧の症状改善法

高血圧疾患の症状と対策方法

以前は加齢による疾患だと思われていた高血圧ですが、医学が発達すると共に原因が解明されてきており、加齢以外の原因でも発症することがわかってきています。
加齢、遺伝的要素と肥満や食生活などの生活習慣がその要因の大部分を占めますが、他にもストレスであったり気温の変化なども原因となり得ます。
厚生労働省の発表によれば年々平均血圧は下がっているにも拘わらず、罹患者は増え続け、高血圧治療は医療費のトップになっています。
症状があまり知られていないため、受診が遅れてしまうのも、患者数が減らない理由の一つでしょう。

高血圧はほぼ自覚症状が無く、気づいた時にはかなり進行しているケースが多く見られます。
敢えて症状を挙げるならば、ズキズキと脈打つような偏頭痛は高血圧が原因の場合もありますし、重度の肩こりやめまいなどもあります。
自覚症状がなくとも、確実に身体を蝕んでいくのが高血圧の怖いところです。
通常の強度しかない血管に無理矢理強くポンプで血液を流し込んでいるのですから、まず血管が傷んできます。
血管に動脈硬化や梗塞がありますと、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞のリスクが上がってしまいます。
知らないうちに重篤な合併症を引き起こし、生命が危機に陥るケースもしばしばです。

遺伝的要因は取り除くことが出来ませんが、遺伝的要因が高い人ほど日常生活に気を配り、高血圧予防対策をしておくべきです。
塩分の摂りすぎや濃い味付けの食事を控え、適度な運動をして肥満を予防し、飲酒や喫煙も極力控えます。
これは、その他の生活習慣病を予防するのにも役立ちます。
遺伝的要因の有る無しや、年齢を問わず予防対策を取ることが、発症リスクを下げるためには必要でしょう。また思い当たる症状があるならば、早い段階に医療機関で受診することをお勧めします。

【参考】

Copyright 2017 日々の生活で注意したい 高血圧の症状改善法 All Rights Reserved.